2005.07.31 Sun

Revenge of the Sith

ヨダさん

Episode V を観てきた、といっても過言ではありません。
ええ、観ましたとも。
そして、楽しかったですとも。
やっぱりヨーダはかっこいい。

世界中を敵に回して以下、

=ネタバレ=

世界中でその始まりと結末がまるっきりバレている物語というのは
バットマンビギンズ以来久しいわけですが、
(珍しいと思ったのですけど、そうでもなかったり。。。)
予想以上に楽しめましたよー

クワイ=ガンは霊体となってアナキンやオビワンを見守るはずが
エピソード4 以降登場しないのは、
ビギンズでダークサイドに落ちたからなのでした。
エピソード3 でも観たかったなー。
でも髪切っちゃったしねー。
んー、残念。

しかし、ジェダイの騎士が次々と殺されていくシーンは
6作中でも随一だと思います。
音楽も情景も描き方も。
SWではほとんどクリーチャーしか見てないですけど、
初めて人間ドラマで感動しました。
アハっ。
だってばアナキンもルークも弱っこでわがままなんだもの。
さすがは親子。

以下、ささやかなギモン。

●ダースって、ダークサイドの「dar:ダー」とシスの「th:ス」?
 それとも、12粒?
 (それはdozen。そして森永DARS。そして調べりゃすぐわかる。)

●ダース・ヴェイダーの誕生と共に、
 デス・スターの建設は始まっていたわけですが
 そのデス・スターは完成を待たずして、
 ルークたちに破壊されてしまいます。
 その間、だいたい20年。
 第2デス・スターの建設、早すぎねぇ?

●レイアが自分を養女だと知っていたかどうか
 忘れちゃったんですが、エピソード6より、

レイア「そんな。。。ルークが双子の兄だったなんて!!」
ルーク「かあさんのことを覚えているかい?」
レイア「ええ。幼い頃になくなったけど」

 それ誰????パドメ?オルデランの王女様???
 ダース・ヴェイダーが誕生してからのお話をあんなにやるなら
 パドメはダークサイドの力で復活させるベッキーだったと思います。

というか、ミーの思い描く エピソード3 のラスト。

   ヴェイダーさん

   byルーカス

以下、エンドロール。
どうせ『ダース・ヴェイダー物語 6部作』なんだしさ。

( 出演:忘れられていたボトルキャップ・ヴェイダーさん。)


ちなみに、タトゥイーンの撮影地であるチュニジアは
ライフ・オブ・ブライアンの撮影地でもあるのです。
という、パイソンサイトらしい追記もしておきます。
ああ、イオピー かわいいなぁ、欲しいなぁ。

トーントーン もっとかわいい。
2005-07-31 19:12 pm | Comment (0) | TB (0) | 映画とかのこと
Comments 


Thank you for your Comments 
Name:

E-mail:

URL:

Comment:

この記事へのTrackBack URL
 
※CopyボタンはIEのみに対応※
※トラックバックは管理人が承認後に公開します  
copyright © 2005 xxpsychoxx. all rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。