2006.10.24 Tue

FMF

復活ーーーっ!
つっても朝までコースではなかったですが。何の話かといいますと、FULL METAL FAMILY のライブのお話だということです。あ、申し遅れましたがみなさんどうもお久しぶりです。さいこたんです。はじめまして。(どっち?)

FULL METAL FAMILY とは...
ミーの IRON MAIDEN というか Bruce Dickinson Blog メイトである Tyranny さん がボーカルを勤める、(今回は)JUDAS PRIEST カバーバンド。下は20歳から上は42歳(だっけ?)で構成される、まさに家族バンドですよ(笑)

リズム隊はいぶし銀、ギター隊はイケメン揃い、ボーカルは華という、まず目に優しい、そしてその落ち着いた風情と華々しさとは裏腹に、脳天突き破る音を轟かせる、ゾクゾクのライブだったことですよ!


 MORE... ≫≫ 

今回もティラたんのご両親といきなりご対面しまして、和気あいあいと開演を待っていたわけですが(そしてまたしても「なんかそこの空気おかしい!」とティラたんにツッコまれる。だってー、お母様もお父様も優しくって素敵なんだものー。)、SHIDA-X 店長のMCでアリーナ、陣取ってみました控え目に。気が付いたら、ご両親も最前中央じゃないっすか!この熱い家族愛。大好きだ。

気になるセットリストは以下の通り。

1. 興奮!空飛ぶ救世主
2. 施錠されちゃった
3. 復讐求めて今日も悲鳴
4. 死国巡り越境節
5. Hell Bent For Leather
6. やつはこれぞ鎮痛剤

...これで察してください。©ティラたん。うそです。下記公式発表↓

1. Exciter
2. Locked In
3. Screaming For Vengeance
4. Beyond The Realms Of Death
5. Hell Bent For Leather
6. Painkiller

1曲目からいきなり飛ばすぅー! といいつつ、いつもブルース萌えーとか言ってる愛すべきバディがですよ?目の前のステージでスポット浴びて、水得てキラッ吉良してるんですよ?なんか照れるわー。しかも隣じゃいつもは気のいいおじちゃん(=うちのうじきくん。ごめんねダーリン)が猛烈にヘッドバンガーなわけですよ。ごめんなさい、1曲目、かなり照れ爆笑し通しでした。

そしてそのまま2曲目へ。いい感じに温まった会場の空気に、さすがにミーも気持ちよくなってきました。そうさ俺、何のために黒髪伸ばしてきたの?イエス、ヘッドバンギング。「Locked In!」と絶叫させていただいたですよ。

そしてスクリーミングフォーベンジェンスーーー!!キター!もうティラたん、高音聞かせまくりですよ。そしてツインリード。この間お話させてもらったときにギター2号くんがあんまりにも謙虚なことばっかり言うもんだから、もしやツインは聞けないんじゃないだろか、なんて思ったミーを許してください。グレンとKKが見えました。ホント、すいませんでした。

そして、Beyond The Realms Of Death へ。ライブ盤で何度か聞いてただけだったのですけど、もう聴かせる聴かせる。やばかったですよ。叫ぶだけじゃないのですよ、このお嬢さんは。

ここで大物ゲストの登場!ティラたんの参加バンド、びんちんぽでもコーラスを勤める藤重さんの登場です。藤重さんは CD も出してるですよ。すげえよお、羨望だよお、URYYY。そしてデュエット曲は Hell Bent For Leather。突然だけど、ティラたんの曲紹介、すごい好きです。

藤重さんは本当に歌うための人だったです。そしてティラたんを大事に大事に育てている雰囲気がはっきりくっきり滲み出てたです。もうさ、やめておくれよ、オクターブのハーモニーとかさ!涙が出るほど最高じゃないか。大好物だよこんちくしょう。

そしてシメはみんなが大好き Painkiller。イントロのドラムで髪が重力に逆らっていくのを感じたですよ。うちのうじきくんよりちょっぴり若い人のドラミングとは思えんです。客席とステージが一緒になってずっとこの感覚が続けばいいと思いました。

楽しい時間というものは、あっという間に過ぎるわけで、短すぎる最高のトキでした。もっと聞きたかった。最後になっちゃったけど、ベースさんの引っ張っている感じも素敵でした。名実ともにお父さん。ティラたんの若さはじける牽引力とは違った、どっしり安心なまとめ上げてる感じのそれでいてパワーのあるステージパフォーマンスが素敵だったです。早く次のライブ、観たいなあ。

その後、ちゃっかり打ち上げにうじきくんと一般参加してきたわけですが、それはまた別のお話。


それとこれはオフレコですけど、コンビニのトイレで気が付いた事実。ライブ中、社会の窓が全開で爽快だったことは、ここだけの秘密です...!


 BGM: Screaming For Vengeance / Judas Priest

 ← 人気じゃなくても参加できる。どうかひとつ。
2006-10-24 12:24 pm | Comment (4) | TB (0) | └ メタルの生卵
Comments 
サイコたん、

レポどうも!
そして、初ライブ、観に来てくれて有り難う!

いぶし銀ですかぁ?しばらくフリーズしてしまいました。
Bassはそうかもしれませんが、アッシはなんちゃってドラマーですから(汗;、褒め過ぎですよ。

EXCITERからいきなりATSUさんがノッてるのが一番最初に目に入って、なんか凄いヤル気が出ました!(爆)いろんな楽しいお客さんのおかげで、今までやった中で一番楽しいライブでした。

また、観に来て下さいね!
Jim@FMF | 2006-10-24 23:36 pm
>>さいこさん

>社会の窓が全開で爽快だったこと

これってオレじゃねーよな??? オレ!??


>>Jimさん

いやぁ、リズム隊(アダルトチーム)良かったですよ〜。思わず頭を振ったのは当然の成り行きだったのです (*σー+σ)キラッ
ATSU | 2006-10-25 00:26 am
▼ Jim さん
いやもうほんとに感動だったんですよ!
ペインキラーやばかった...!
再現ができるものだなんて、いまでも信じられません。
すごいよう。まじでいぶし銀です。

ATSUさんのノリノリはちょっぴりビックリしましたが(笑)
やる気が出たのならなにより!

次も呼んでやってください、よろしくです☆
master xxpsychoxx | 2006-10-26 03:45 am
▼ ATSU さん
いやいや、オレオレ(笑)
トイレでズボン脱ごうと思ったら、ファスナー開ける必要がないでやんの!
みたいな。
今日は相当細心の注意を払ってトイレに入ったことですよ!

リズム隊、まじで貫禄のかっこよさだったよね!

↑ビックリマークばっかりで、頭が悪そう...(笑)
master xxpsychoxx | 2006-10-26 03:53 am


Thank you for your Comments 
Name:

E-mail:

URL:

Comment:

この記事へのTrackBack URL
 
※CopyボタンはIEのみに対応※
※トラックバックは管理人が承認後に公開します  
copyright © 2005 xxpsychoxx. all rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。